ある日はハチミツ、ある日は玉ねぎ

オランダ人女性とシンガポールで国際結婚した会社員が妻にこっそり日本語で綴るブログ

サーキットブレーカー中に国内引越し断行

シンガポールは4/21にサーキットブレーカーの延長を発表。6/1まで現行の措置が継続され、営業可能であった業務も更に絞り込まれることとなりました。

 

f:id:Zaituun1946:20200413170622j:plain

そんな中、我が家はタイミングの悪いことに、その間に国内での引越しが計画済。結論から言うと何とか引越しは無事終了しましたが、心臓に悪い思いをしますので、時間が有る限りCB後をお勧めします。以下、時系列と顛末。

 

 

2020年2月上旬

当時のアパートの契約期間が4月末で切れる為、引越しを検討。シンガポールのコンドは原則2年契約タームなので、これを逃すともう2年同じ住居。妻もオフィス勤務する必要ないし、今の家はちと狭いし煩いので、郊外に転居することを決意。この頃、グランドハイアット等で感染者の発生等はあったが、シンガポールはいち早く感染発生国からの立ち入りを禁止、また検温の実施などにより国内の感染者数も低めに抑えられていたので、誰もシンガポールで爆発的に感染が広がり、行動が制限される等思ってもいなかったです。

 

2020年2月下旬

正式に旧住居の4月末での契約終了を締結。3月下旬くらいから家を探すかーと楽観ムード。 

 

2020年3月上旬

国内での感染者が徐々に増え始め、物々しい雰囲気に。仕事も出来る限り直接のコンタクトは避けるよう上司から要請あり。トライアルで1週間の在宅勤務を実施。それでもその後は平常通りオフィス勤務に戻り、バーもレストランも至って通常通りの営業。海外旅行不可となった為、休みの日はセントーサ島に遊びに行くかー。なんて事がまだ言えた時。
不動産サイト等で目ぼしい物件をいくつかピックアップし、エージェントに提出。日本の異動時期に入国禁止措置を取ったので、きっと空き家が多くて買い手市場かなとか楽観的に考えてる自分がいました。

 

2020年3月中旬

全国外への渡航の禁止、外国人入国の禁止が施行され、シンガポールもいよいろロックダウンか?という雰囲気が若干漂い始める。
物件の内覧を開始。エージェントから内覧の際にマスク持っていった方がいいよと勧められる。依然政府は健康な人間はマスク不要とアドバイスしていたので、国内でも付けている人は半数に満たないくらい。高齢者や小さい子供のいる家等に配慮して一応持っていたマスクを付けて内覧。不動産屋にロックダウンになっても引越しできるか?なんて聞いた気がする。

 

2020年3月下旬

会社から全社員の在宅勤務化の通達。その数日後サーキットブレーカーの発令がリー首相よりアナウンス有り。
いよいよ引越しできないんじゃないか。という不安が頭を過ぎる。エージェントに連絡すると、不動産業はEssential Workとして政府に営業許可を貰う予定だとのとこ。同時に万が一の事を考えて、旧住居の契約延長可否も確認。

 

2020年4月上旬

不動産屋がEssential workとして政府から営業許可が下りた為、内覧を継続。4月の1周目に希望のコンドが見つかり、仮契約。
既にサーキットブレーカーに突入しており、無事4月末に引越しを終えられるのか、という不安が漂う。目下やらなければならなかった事は下記の通り。早速下記に対応の可否と見積もり依頼を実施。

 

・引越し業者の手配
・旧アパートメントのクリーニング手配
・カーテンクリーニングの手配
・インターネットの解約/契約

 

2020年4月中旬 

引越し業者に連絡すると、Essential Workとして活動が認められている為対応可能とのこと。ただし見積もりはオンラインのみということで、テレビ電話で旧住居を案内し、見積もりを取得。Deposit支払い、旧住居/新住居の管理者への引越し手配申請、冷蔵ボックス、ハンガーボックス、段ボール大小20個で計$400。うちは大型家具が備え付けでほとんど持っていくものがなかった為これくらいの値段。

アパートメントのクリーニング業者探しは難航。会社によっては営業許可が取れていないものもあるようで、いくつか当たって漸く営業中の業者を発見、即予約。2 Bedroomで$250くらい。

インターネットはプロバイダーに住所変更を申請。新居入居当日に回線の工事を行ってくれるとのこと。変更費用で約$100。

カーテンクリーニングはどこも営業していた。Pick Up/Dropのデリバリーだからかな?カーテン1セットで$120。

ということで意外にも全ての手配を完了し、あとは箱詰めして引越しを迎えるまで。という楽観的ムードであった4月中旬。しかし事態はここから一転。

 

2020年4月下旬 

いよいよ引越しまであと数日という時、冒頭の通りシンガポール政府がサーキットブレーカーの延長と営業活動許可の厳粛化を発表。この結果、クリーニング業者は予約を全てキャンセル。旧住居/新住居共にクリーニングができない事態に陥った。
旧居については、オーナーにクリーニング金額($250)を支払いし、クリーニング無で退去することで合意。新居についてはサーキットブレーカー後のケミカルクリーニング実施+入居前に簡単に掃除してもらうことで合意。

インターネットもトラブル発生。シンガポールの高速回線オペであるNetlink社の社員がCovid-19に感染し、又政府が関連業務に携わるビザ保有者の2週間在宅を言い渡した為、ネット回線を開ける作業ができなくなったとのこと。結果、ネットの開通は当分先に延期。会社の携帯のテザリングで何とかWFHを凌ぐ事態に。

www.straitstimes.com

 

・引越し業者の手配→完了
・旧アパートメントのクリーニング手配→手配不可
・カーテンクリーニングの手配→完了
・インターネットの解約/契約→手配不可

 

まあここまで来たらもうどうしようもない。とりあえず家さえあれば良いので引越しを断行。

 

そして引越し

当日、 (当たり前だが)マスクを付けた作業員3名が時間ぴったりに到着。あれよあれよと言う間にボックスを運びトラックへ積載→輸送→荷下ろし。積み出しから積み下ろしまで、約2時間という超スピードで仕事を終え帰っていった。

 前途多難に思われたが、なんとか家を契約し、荷物を移すという最低限の引越しは完了。その後プロバイダーから連絡があり、ネット開通作業は5月初旬にできるとのこと。それまでは携帯のテザリングでちまちま仕事状態。
ちなみにエージェントによると、一部のハウスクリーニング業社はまだ営業しているそうだが、予約殺到で5月2周目まで空きがないとか。

エージェントに頼んでおいた家具のリプレイスも、サーキットブレーカー後の対応になるそうだ。早くコロナ終わってくれー。

 

 

 

サーキット・ブレーカー

さてもう先週のことですが、4/7(火)からSingaporeはCircuit Breaker Modeに突入。5/4までの約1ヶ月、必須職業以外はオフィスを閉鎖。国民は必要時以外の自宅待機が要請されています。
私はその1週間前から在宅勤務を開始してるので、もうかれこれ3週間近くほぼ自宅引きこもり。外に出るのはランチのtake outとたまに外にランニング行くくらい。ジムやプールに行けないので不養生になりそう。

 

同時に1人1枚の布マスク無料配布が開始された為、最寄りのセンターに行ってマスクを入手。

f:id:Zaituun1946:20200413170603j:plain

f:id:Zaituun1946:20200413170608j:plain

f:id:Zaituun1946:20200413170612j:plain

 

シンガポールでも連日200人近くの新規陽性者が出ているものの、その大半は建設作業に従事する労働者のドミトリーで発生しています。クラスターの発生したドミトリーは現在、隔離施設として外出入が禁止されています。以下、シンガポールの報道機関であるCNAの記事ですが、陰性者の感染との闘いが綴られた、非常に読み応えのある記事になっています。

www.channelnewsasia.com

 

マリーナベイサンズもCircuit Breaker modeです。

f:id:Zaituun1946:20200413170614j:plain

 

旅行客0のマーライオン周辺

先週からシンガポールは大雑把に言うと、

・外国人入国不可

・バー、映画館等のエンタメ施設封鎖

 

と言う感じの封鎖体制に。そんなわけで観光スポットのマーライオン周辺は人が殆どいない珍しい状況に。

f:id:Zaituun1946:20200331183046j:plain

 

f:id:Zaituun1946:20200331183035j:plain

 

f:id:Zaituun1946:20200331183038j:plain

 

f:id:Zaituun1946:20200331183041j:plain

 

とまあ呑気に写真を撮ってますが、一刻も早いコロナ収束のために不要不急の外出は今後避けようと思います。

コロナウィルスその2

遂にシンガポール政府は在住者に対し、今後30日間の

・不要不急の海外渡航の延期勧告。
・日本/英国・スイス/アセアン諸国からシンガポールに入国する場合、入国後14日間の自宅隔離。
・アセアン諸国への渡航の際は
・但しマレーシアの陸/海路での往来は例外的に可。

 

との告知を出したため、30日は国外に行けないことに。4月頭にipoh(マレーシア)の温泉に行こうと思っていたけど、空路×じゃ厳しいかな。
規制が更に厳しくなったことで、街中でも濃厚接触を避ける措置が取られてます。ホーカーもこんな感じで間隔空けてくれと。

f:id:Zaituun1946:20200316195946j:plain

f:id:Zaituun1946:20200316195929j:plain

 

 

ここで大変なのが3月、4月に異動が集中する日/韓系企業の人事。聞いたところによると一部日系企業は4月のシンガポール異動を中止するとか。不動産エージェントも、4月から来星する日韓人の賃貸内覧が相次ぎ中止になってるとぼやいていた。但し香港マネーがシンガポール不動産に流れているようで業績は好調らしい。

 

 

 

コロナウィルスと新婚旅行

ご無沙汰しています。

Singaporeのコロナウィルス対策は上手くいっているようで、新たな感染者は日々見つかっているものの、国内の死者は今のところ0人。https://www.moh.gov.sg/covid-19
政府からの情報発信も十分に行われており、どこで誰か感染し、どのような感染経路だったのかまでwebで見ることが可能なのは驚嘆。マスクについても、政府が健常者のマスク着用は不要、とアナウンスしている為、今ではマスクを着けて歩くシンガポール人は皆無。着けてるのはツーリストと外国人、持病のある恒例の方くらいかな。

よく明るい北朝鮮とか色々揶揄されてますが、非常時の国内統制等は素晴らしいくらいで、国民が全幅の信頼を寄せるのも納得。

 

さて、5月に新婚旅行でヨーロッパを2週間程周遊しようと思っていたら、先ほどシンガポール政府が「過去14日以内にフランス・イタリア・ドイツ・スペインに渡航歴のあるシンガポール在住者の、帰国後自宅待機」を発表した為なくなく断念...。来年に持ち越しかな。

 

ちなみにシンガポール国内も、ツーリストが少なめで、観光にはかなりおすすめ。週末のSingapore Zooもガラガラです。

f:id:Zaituun1946:20200313144610j:plain

 

f:id:Zaituun1946:20200313134651j:plain

かわいいアシカと2ショットもできるよ!



 

妻が会社を辞めた

ことの始まりはちょうど昨年の今ぐらいの時期。夕食中に突然会社を辞める!と言い出した妻。
理由を聞くと、フリーランスとして働き、空いた時間を趣味の絵画に充てて、自分の人生を有意義にしたい、とのこと。
元々妻は突拍子も無しに色んな事を言う(以前は急に、オランダでシステムエンジニアになる!とか言いだして喧嘩になった)ので、今回も話半分で聞きながら、まあ私の稼ぎでも二人なら十分食べていけるからいっか~。と当時は何も考えずに妻の提案を快諾したら、本気で辞めてた。
別に当時の仕事や待遇に不満もなさそうだったし、待遇面(給料)は十分すぎるほど貰っていたはずなので、正直妻が会社を辞めた時は凄く驚いたけど、まあOKしちゃったし今更変えられないしどうぞ好きにやってくだされ、というノリを貫いた私。

然し妻のこの決断は、様々な効果を我が家にもたらした。

 

会社を辞めて


その後すぐに会社を辞めた妻は、会社運営の為に必要な資格を取りにタイへ。約1か月程セミナーに通って資格を取得。ついでに2週間くらいタイを一人旅と、プチモラトリアム期間をエンジョイしてシンガポールに帰国。
帰国後は、早速エージェントに連絡したり、事業計画を作ったりと会社設立に向けて動き、ついに昨年末めでたくシンガポールに会社を登記。
今年からシンガポール人の友人と共にオンライン教育事業を始めた。


会社を設立して


フリーランスとして働くことは、妻に早速2つの良い効果もたらした。

一つ目は、会社設立時の目標であったように、より自分の趣味に時間を使えるようになったこと。
元々妻は絵画が趣味で、学生時代は沢山絵を描いていた。一時は画家を志していた程だ。就職してからは絵を描く時間がめっきり減ったが、再び絵画の時間が増えたことで、妻の中で再び画家になりたいという夢が膨らんでいるようだ。勿論絵画の世界はそんな甘いものじゃないというのは私も十分分かっているつもりだが、何歳になっても夢を持つことは非常に良いことであるし、なんか私まで、何かに挑戦してみようかなという気持ちにさせてくれる。一度きりの人生で何がしたいのか、そんなシンプルな疑問を改めて思い出させてくれた。


二つ目は、自身の体調に合わせた働き方ができるようになったこと。

妻は自己免疫疾患を抱えている為、体調の変動が激しく、以前は月に2-3回は会社を休んでいた。それがフリーランサーになったことで、自らのペースで仕事が進めることが可能になった。体調が悪い時でも、会社にも同僚にも迷惑を掛けずに療養することができるようになった。
疾患の為食事にもかなり気を使っており、グルテンフリーやAIPが中心だったので、会社勤務時はいつもランチタイムのお店探しに苦労していた。しかしフリーランサーになったことで在宅勤務が主となり、家で食事をすることが出来る為、ランチ時に苦労することも無くなったようだ。
また、趣味の絵画により時間を使えることで、精神的にも満足感を得られているようだ。以前はお互い仕事で疲れていると喧嘩することもあったが、それもめっきり減った。

 
良いことばかりじゃないケド


一方で世帯収入はぐんと減った。妻は退職⇒会社設立後暫くは無収入であったし、今現在の収入も、会社勤務時には遠く及ばない。それでも、今は妻が会社を設立して本当に良かったと感じている。

収入・時間・場所、生活に満足を感じるかどうかは、人によって様々だと思うが、少なくとも私達夫婦は今の生活の方が合っているようだ。

コロナウイルス

f:id:Zaituun1946:20200210120236j:plain

先週金曜日、Singapore保健省が、SingaporeでのCoronavirusの感染警戒レベルをOrange(4段階の上から2つ目)に引き上げました。
それを受けて各商業施設・オフィスでは出入口を制限し、通行者に対してサーモグラディーでの体温チェックが始まっています。

 

 

更なる警戒レベル上昇を懸念してか、週末は日用品や即席めん等がスーパーから姿を消すプチオイルショック状態でした。
これは流石にオーバーリアクティング。

f:id:Zaituun1946:20200210120230j:plain

f:id:Zaituun1946:20200210120227j:plain

 

f:id:Zaituun1946:20200210120232j:plain

 



一部企業は本日より在宅勤務を進めており、このまま警戒レベルが最高になれば、オフィス/学校は強制閉鎖となります。
今のところ日常生活に支障はありませんが、トイレットペーパー買えないときつい。。。

f:id:Zaituun1946:20200210120220j:plain